読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1081643
0
プレッシャーを味方にする心の持ち方
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3章 「リラックス・ポイント」と「メンタル・リハーサル」のすすめ

『プレッシャーを味方にする心の持ち方』
[著]清水宏保 [発行]扶桑社


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


■「緊張をほぐす」効果的な方法

 

 さらに、ここでプレッシャーと向き合うために有効な二つの方法を紹介していきます。

 緊張することは肉体のポテンシャルアップには有効なのですが、過度に緊張すると筋肉は硬直してきます。ですからレース前には、緊張を適度な状態にほぐすことが必要になってくる。筋肉が硬直したままでは、関節の可動範囲も狭いままなので、思うように体を動かすことができないからです。

 緊張を感じたときは、体のどこか1か所でいいのでダランとほぐしてやることが効果的。連鎖反応で他の筋肉もほぐれていきます。体が疲れて疲労物質の乳酸が出始めたら、例えば指を動かしてやれば、()まっていた乳酸が流れ出すようになります。それと同じで、体のどこかを動かしてやることで、体の循環が良くなってくるのです。部分的にリラックスできるようになったら、体全体をダランと。最後は内臓までリラックス状態を感じられるように。

 これは、医療の現場でも使われている手法。うつ病とか、自律神経失調症の患者に使われる、自律神経のコントロール法でもあるのです。

 ただ、私もこの方法がすぐにできるようになったわけではありません。初めのころは、あまり実感もないままにやっていました。体の緊張を()いたからといって、すぐに結果が出るわけではないので、それが効果的なのかどうかもわからない。それでも続けていくことで、ある日突然、短時間で緊張をほぐすことができるようになり、効果も実感できるようになったのです。

 緊張をほぐすには、前述のように、体の先端をほぐすことが効果的です。

 具体的には、手の温かみが感じられるようになると効果が上がってくるので、初めは他の人に指先に(さわ)ってもらうのがよいでしょう。目をつぶって指を触ってもらって、意識と神経をそこに集中させます。
「指先がほぐれていく(または、重く温かく感じるように)イメージをしてください」と触っている人に誘導してもらうと、もっと効果的です。自分だけのときは、目をつぶった状態で指先に軽く触れることで、ほぐしていくことができます。

 また、足の指と指の間を広げるのも、リラックスするために有効。それも、先端のリラックスが体全体に波及することの一つなのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5071文字/本文:6006文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次