読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1081865
0
社長はなぜ幸せになれないのか?
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第5話 ヨクヨクシティの宝石店長

『社長はなぜ幸せになれないのか?』
[著]唐土新市郎 [発行]扶桑社


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 摩天楼が林立し、二十四時間眠ることのない街、ヨクヨクシティ。この街はさまざまな人間の欲望と、止め処のない刺激にあふれている。最先端のビジネスシーンを切り開いていく役割を担う一方で、ここヨクヨクシティは怠惰で自堕落な誘惑の香りも漂わせる大都会だ。

「うっへー、すごいねこの街並み」
「でしょ。さすが、世界のトップシティだね、ここは」まるで似つかわしくない風景のなか、私たち二羽は超高層ビルの巻き起こすビル風に翻弄されながら、街見物としゃれ込んでいた。
「せっかくだからさあ、セオ、ウインドーショッピングでも楽しんで行こうよ」
「うん、いいね。行こう」

 クーと私は、上空から少しばかり下界のほうまで下りると、通り沿いのブティックやジュエリーショップ、そしてレストランまで、居並ぶ店を楽しむようにのぞいていった。
「あっ、ここ、ここ。ここだよ、セオ。キミをつれてきたかったのは」そういうと、クーは先を行こうとする私の尾を引っ張った。
「痛いよ、クー。何? どこ?」
「ここだよ、セオ。この宝石店、ヨクヨクジュエリー」
「何てことない宝石店じゃないか。ここが、いったいどうしたっていうんだい」
「この店が、キミの第四段階の修業スポットというわけさ」
「ええ、ここが? ということは、また誰か問題人物がいるってことかい?」
「ピンポーン。ほら、あれあれ。あそこに、ばっちりスーツで決めているおっさんがいるじゃない。彼、この店の店長なんだけど、ズバリその問題人物なのさ」クーはそういうと、店の中の一人の男を触覚で指した。
「え〜、そうは見えないね。身なりもしぐさも洗練されていてスキがないし、店のスタッフに対してもてきぱき指示している。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5724文字/本文:6425文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次