読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1081967
0
馬見る力
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
警察からたらい回しにされる

『馬見る力』
[著]河野通文 [発行]_双葉社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 


 ところが、警察からはこんなことをいわれます。

「事件は、京都の銀行の振り出しの手形によるものだから京都府警に行ってくれないか」


 そういうものなのかと思った私は、京都府警に電話をします。


 すると今度は京都府警からこんなことをいわれるのです。

「それはウチではないですね。最寄りの所轄に行ってください」


 堂々巡りの始まりです。

「いや違うんです。最寄りの警察に行ったら京都府警に行ってくれといわれたので電話をしているんです」


 そういってもまったくラチが開きません。


 仕方なく、私はこのことを再びつくば署の人にいいます。


 すると今度は、「では、事件の担当は手形の受け渡しのあった場所になる」といわれ、大阪府警に電話をすることになります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1580文字/本文:1894文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次