読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1082077
0
軽自動車に乗る人妻はなぜ不倫に走るのか?
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1996年は不倫ブームのターニングポイント

『軽自動車に乗る人妻はなぜ不倫に走るのか?』
[著]溜池ゴロー [発行]_双葉社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

『失楽園』ブームと“不倫のインフラ整備”の関係



 ところで、ここで私が言う“不倫ブーム”とは、いったいいつから始まったのだろうか? 古いところでは1983年放送開始の『金曜日の妻たちへ』に始まる“金妻ブーム”を挙げる方もいるだろう。確かに、「不倫」あるいは「不倫する」という言葉が広まったのは、この金妻ブームのおかげだ。しかし私は、それ以上に、1996年がターニングポイントだと考えている。


 では、1996年に何があったか?


 日本経済新聞で、その前年に連載がスタートした、渡辺淳一の『失楽園』が大ブームになり(翌1997年に単行本化)、それと相前後して『週刊文春』で連載された、林真理子の『不機嫌な果実』はこの年、単行本が発売され、「夫以外の男とのセックスは、なんでこんなに楽しいんだろう」というキャッチコピーも話題となった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2234文字/本文:2596文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次