読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1082235
0
我が愛と青春のたけし軍団
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
本当の“弟子”になった日

『我が愛と青春のたけし軍団』
[著]たけし軍団 [発行]_双葉社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 それまで俺は、たけしさんに殴られたことがなかった。東や松尾やラッシャーはしょっちゅう殴られてるのに俺は一回も師匠に殴られたことがない。たけしさんもなんとなく気を遣ってたのか、俺のことを「タカちゃん」って呼んでたし。

「やっぱり俺は後から軍団に入れてもらった人間だから、しょせん“外様”なのかな…」


 なんとなく弟子なのに“弟子”になり切れてないような気がしてちょっと寂しかったりもした。


 それはたけしさんの弟子になって3年ぐらい、やっと、たけしさんが「タカ」って呼んでくれるようになった頃だった。


 その日、たけしさんと六本木のふぐ屋でメシを喰った俺らは、いつものようにすっかりご馳走になって店を出た。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1796文字/本文:2095文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次