読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1082360
0
カジノ解体新書 (森巣博 ギャンブル叢書1)
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第1部 カジノはなぜ日本で非合法だったのか?

『カジノ解体新書 (森巣博 ギャンブル叢書1)』
[著]森巣博 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 カジノを含む統合リゾート(IR)型施設を解禁するための法案の成立が遅れている。


 昨2014年の臨時国会では廃案となってしまったし、また2015年1月から始まった通常国会では、再上程は予定されているものの、その成立が危ぶまれているそうだ(ロイター/2014年11月5日)。


 いわゆる先進国(OECD加盟国)のなかで、ゲーム賭博が合法化されていないのは、アイルランドと日本のみ。


 ただしノルウェイには、いかなる種類のゲーム賭博も合法だが、それを商業施設で開帳してはならない、とするちょっと特殊な禁止法がある。


 なぜアイルランドと日本では、ゲーム賭博が非合法とされてきたのか?


 アイルランドの場合は、競馬産業保護のため、という国民的合意が成立している。旧宗主国である英国を、高額賞金の懸った競馬レースで打ち負かすのだ。そのために、ゲーム賭博は禁止して、合法ギャンブルは競馬中心のレース産業のみに集中させた。


 アイルランドは人口500万人にも満たない小国である。それにもかかわらず、サラブレッド生産駒数は、ヨーロッパで第1位。英国ダービーを6回も制したヴィンセント・オブライエンを筆頭に、数多くの名調教師を生んだのは、たまたま幸運だったからではない。そういう国家的政策に裏付けられていたからである。


 アイルランド国民が持つ植民地時代の歴史的怨念が、ゲーム賭博を合法化することを妨げているのかもしれないな。


 すると、ゲーム賭博は違法で、かつその禁止理由がよくわからない先進国は、堂々日本のみ。


 いや、先進国間だけで比較するのは、片落ちかもしれない。


 現在、国連加盟約200か国のうち130か国以上で、ゲーム賭博は合法化されている。ところが、日本ではゲーム賭博の場、すなわちカジノは、刑法で厳しく取り締まられる。


 再び、なぜか? なぜなんだ?


 日本国民はバカだから、か。


 昨今の政治的経済的、そして文化的社会的状況を(かんが)みれば、それもあながち否定できない説かもしれないのだけれど(笑)。


 しかしわたしは、そう思わない。ええ、思いませんとも。


 カジノを合法化している130か国以上の国民たちと同程度には、日本国には頭のいい人も悪い人もいる、と考える。


 であるなら、日本でカジノが合法化されてこなかったのは、他になんらかの理由があったからではなかろうか?


 第1部は、カジノとは何か、それを禁止する、あるいは解禁するとはどういうことなのか、いや、そもそも賭博とは何か、をきわめて私的・体験的に検証しようとする試みである。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1056文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次