読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1082409
0
賭けるゆえに我あり (森巣博 ギャンブル叢書2)
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
野球選手の物語

『賭けるゆえに我あり (森巣博 ギャンブル叢書2)』
[著]森巣博 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 熱くならなければ、大勝できない。また同時に、熱くなっては勝負に負ける。


 矛盾を承知の上で書いている。


 前者は、いわゆる「ホットロール」と呼ばれる状態だ。


 勝負卓に敷かれた染みひとつない()(シヤ)の上で、知らないうちに自我が溶解する。恐怖を忘れ、しがらみを断ち切り、(おお)()()でぶんぶん行く。日常の生活では眼が回るような金額を、二分の一の勝敗確率しか持たないものに、どかどかと賭ける。断固として、行く。絶対に、行く。


 これがまた、よく的中するのよ。不思議なくらい当たる。手がちぢこまっていたら、決して大勝はできない。


 NO GUTS, NO GLORY.


 結構じゃ、ござんせんか。


 やってやろうじゃ、ないのさ。


 ふと気付くと、席前の卓上に、チップの山が築かれている。


 まさにマジック・モーメントである。


 ああ、あの時間帯は、いったいなんだったのだろうか、とあとになって考える。

「ホットロール」は、めったに起こることじゃない。でも、起こる。永い間博奕を打っていれば、必ず起こる。


 一方、負けて熱くなるのは、ちっとも珍しいことじゃない。しじゅう誰もが経験しているだろうと思う。


 叩かれても叩かれても、向かっていく。


 それまでの負けを受容して、席を立てない。次の手が負けるだろうことを、じつは自分でも予感しているのである。それでも、()()を張る手が止まらない。そうやって、傷口を広げていく。


 この状態を、()()では、

――眼に血が入った。


 と呼ぶ。


 眼に血が入ってしまえば、もう勝負の目は読めない。


 だから負けて熱くなった者は、経験を積んだ打ち手たちのいい()(じき)となってしまう。

「あんたは、こやしになれや」


 徹底して、裏目を張られる。


 ()ちる者は、どこまでも堕ちる。


 勝利に越えづらい天井があっても、敗北にはなぜか底がない。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:789文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次