読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1083261
0
働きながらでも博士号はとれる
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
本書の特徴

『働きながらでも博士号はとれる』
[著]都丸孝之 [発行]研究社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

本書は、働きながら博士号取得を目指す社会人をターゲットにしており、これから大学院に入学して博士号取得を目指す方、博士課程に入学したが、学位をとるためのプロセスを十分理解していない方を対象とし、博士号取得のための体系的な方法を解説したものである。


働きながら博士号を取得する社会人は年々増加傾向にあるが、大学院博士課程の入学試験の方法や、入学試験合格のノウハウ、学位取得に必要な学術論文数、社会人学生のための研究テーマの見つけ方、博士の学位最終審査のプロセスなど、体系的に博士号の取得方法を記述した書籍は、世の中にほとんど出回っていない。


従って、働きながら博士号をとりたい社会人は、入学を検討している大学院の教員へ個別に問い合わせしたり、インターネットなどに掲載されている博士号取得の体験記などを参考にしたりしているのではないだろうか。


実際、博士号取得に意欲のある社会人の中には、取得のプロセスを理解していない者も多くいる。私が以前所属していた企業の元同僚含め、いろいろな企業の方から、大学院博士課程の入学試験の方法、博士号取得の要件、学位審査内容、論文投稿の方法などについて相談を受ける。彼らはみな、世の中に出回っている書籍や、インターネットだけの情報源では、十分情報を得られず、困っている様子である。


実はこうした声にこたえるべく、博士課程在籍中に、「博士取得に関するアドバイス」という、学位取得の全体のプロセス、学会論文を短期間で採択してもらうためのテクニック、博士最終審査などについて記載したメモを、後輩のために残した。


複数の社会人学生が、そのメモを手に取り、実際に博士号を取得している。このうちの何名かは、博士学位論文の謝辞に私の名前を入れてくださっている。


本書の大きな特徴を以下に記す。


・本書は、社会人学生をターゲットとしており、働きながら博士の学位取得を目指す社会人をサポートする。仕事と研究を両立させるためのテクニックを含めた、社会人学生に有益な情報を掲載している。


・大学院の選び方、博士課程の入学試験に合格するための方法、さらに入学試験で必ず聞かれる口頭試問の内容も記述している。


・学会投稿論文の書き方、学会論文の査読者(審査員)の立場からのアドバイスなど、なかなか世の中に出回っていない情報を提供する。


・時間がない社会人のための、研究テーマの選定方法、学会論文を短期間で採択してもらうためのテクニックを紹介する。


・博士号取得を考えている社会人学生だけでなく、修士課程の社会人の方にも参考になるよう配慮した。


本書は、私が社会人学生として経験した、博士号取得までの苦労や気づきをまとめたものであり、私見も含まれている。なるべくすべての学問分野の方に参照してもらいたいと努力しているが、一部合致しない箇所もあるかと思う。その点はご容赦いただきたい。


通常は修士課程から博士課程に進学し、修士課程の研究を博士課程で継続するのが一般的であるが、本書は、社会人が博士課程入学後、新たに研究を始めることを想定して執筆している。


これから社会人学生として博士課程の入学を検討されている方、博士号取得に向け、学会論文を執筆する方にとって、参考になれば幸いである。是非、本書を手に取っていただき、働きながら博士号の取得を目指していただきたい。


平成26年6月
都丸孝之
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:-5文字/本文:1372文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次