読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1083292
0
働きながらでも博士号はとれる
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4-5. 仮説、検証型の研究スタイル

『働きながらでも博士号はとれる』
[著]都丸孝之 [発行]研究社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

社会人が働きながら、日々の研究を行っていくうえで、最も適している研究スタイルは、仮説、検証型であると考えられる[図4-3]


図4-3


仮説とは、ある課題や問題に対して、仮に~のようなアプローチをしてみたら、~のような効果が得られるのではないだろうか、という仮のシナリオを設定する考え方である。


簡単な例として、皆さんの会社の業務で考えてみよう。社会人の皆さんには、必ず業務上の目標があるはずだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:644文字/本文:835文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次