読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1084173
0
日本人なら知っておきたい オバマ大統領はアジアとどう向き合ったのか?
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4.米韓首脳会談

『日本人なら知っておきたい オバマ大統領はアジアとどう向き合ったのか?』
[著]国際情勢研究会 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 オバマ米国大統領は4月25日、東アジア歴訪の2国目となる韓国で朴 槿惠韓国大統領と首脳会談を行いました。首脳会談では、大きく①北朝鮮問題、②経済協力、③日韓関係、の3つのテーマが取り上げられ、特に①北朝鮮問題については日米韓の3カ国が情報を共有し、慎重に取り組むべき問題として多くの話し合いと意見交換が行われています。


 また、首脳会談後の記者会見では、冒頭で韓国南西部、珍島沖で発生した旅客船沈没事故に触れ、「2人の娘を持つ父親として、同い年ぐらいの子を持つ親の心がどのようなものか想像できない」として、深い哀悼の意を表明しました。


(1)北朝鮮問題について


 朴 槿惠韓国大統領は25日、米韓首脳会談後の共同記者会見で「北朝鮮は核実験を強行するすべての準備を済ませており、いつでも実行できる状態にある」と発言。これに対し、オバマ米国大統領も北朝鮮は日韓だけでなく米国にとっても直接の脅威であるとした上で、「核実験を強行すれば、6カ国協議に向けた努力が水の泡になる」とけん制し、また「北朝鮮に核の放棄と国際的な義務の遵守を求める。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2069文字/本文:2533文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次