読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1084314
0
狂暴国家 中国の正体
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
土地、資源、文化……根こそぎ奪っていく漢民族

『狂暴国家 中国の正体』
[著]楊海英 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 こうしたウイグル人の置かれている苦境は、程度の違いこそあれ、モンゴルやチベットなど他の少数民族にも共通したものです。この事実は、民族問題の源がウイグル民族やモンゴル民族の側にあるのではなく、支配者である中国の側にあることを雄弁に物語っています。私の故郷である内モンゴルでも、大量に入植してきた中国人は、現在もモンゴルの人々が暮らしてきた草原を破壊し、土地を奪い、天然資源を略奪し続けています。


 まず、入植してきた中国人は広大な草原を目にして、口々に「なぜここを開墾しないのだ? もったいない」と言いました。モンゴルの草原は貧弱な土地で、畑に変えようものならあっという間に砂漠になってしまいます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1235文字/本文:1533文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次