読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1084328
0
狂暴国家 中国の正体
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
朝鮮半島の人の二枚舌

『狂暴国家 中国の正体』
[著]楊海英 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 朝鮮半島の人々がシナとの付き合いに苦心してきたことは、彼らの国民性にも影響を及ぼしています。例えば、一七八〇年に清朝皇帝の古希祝いに参列するために、北京と夏の避暑地である熱河を訪れた朝鮮王朝の使者が書いた『熱河日記』という史料があります。


 使者は旅の途中で満洲人貴族と歓談した際には、「漢人は唾を吐くし下品なやつらですよね。統治するのも大変でしょう」と持ちかけ、「朝鮮人は漢人より字が読めるし、儒教にも詳しい」と教養を自慢します。満洲人貴族は軍人なので、漢詩などにもさして興味がなく、「へえ、そうなの」と聞き流すのですが、その使者が次に中国人の知識人に会うと「北狄に支配されて大変でしょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2361文字/本文:2657文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次