読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1084335
0
狂暴国家 中国の正体
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
社会主義国家に民族問題が存在し続ける理由

『狂暴国家 中国の正体』
[著]楊海英 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 フランス革命以降、資本主義にしろ社会主義にしろ、指導者たちは国民国家をつくろうとして、とにかく国民の統合を進めようとしてきました。例えば本家フランスにしても、アルザス地方にはドイツ語を話す人々がいたし、スペインとの間にはインド・ヨーロッパ系の言語に属さない言葉を母語とするバスク人もいました。しかし、無理やり「フランス国民はフランス語を話すのだ」といった具合に統合したわけです。そのため現在でもバスク地方に民族問題などが残っているのは事実です。しかし、民族問題が過激化しないのは、やはり民主主義が大前提で人権が保証されているからであり、そして緩やかな統合だからです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1706文字/本文:1990文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次