読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1084338
0
狂暴国家 中国の正体
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
共産主義と華夷思想が合体した「悪魔の思想」

『狂暴国家 中国の正体』
[著]楊海英 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ソ連も憲法で民族の自決、分離独立権を認めてはいたものの、国内で少数民族の不満が完全に消えることはありませんでした。その民族問題が何に由来していたかについて、マルクスの友人であるエンゲルスが主張した「歴史ある民族と歴史なき民族」という有名な理論があります。


 中央ユーラシアに居住する諸民族は総じて文化レベルが低いけれども、そのなかでも「歴史ある民族」と「歴史なき民族」に区分される、とエンゲルスは説きます。そして「歴史ある民族」は国家を持つ資格があり、「歴史なき民族」は他者の支配を受け入れるべきだというのです。同時にドイツ人であるエンゲルスは、ドイツ人が周辺ではもっとも優れているから、ハプスブルク領内の少数民族はウィーンの命令を聞きなさいというようなニュアンスも含ませていました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1345文字/本文:1687文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次