読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1084339
0
狂暴国家 中国の正体
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「中華民族」とは何か

『狂暴国家 中国の正体』
[著]楊海英 [発行]扶桑社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 日本ではあまり言及されませんが、「中華民族」という民族はどこにも存在しません。中国は漢民族(チャイニーズ)と五五の少数民族からなる「中華民族」が、古代から分割不能な国民であるとの公式見解をとっています。しかしこれは、多民族国家であるアメリカ国民を「アメリカ民族」と定義するようなもので、「中国に少数民族問題は存在しない」という立場からの虚構であり幻想にすぎません。


 学術的にいえば、民族には絶対的な枠組みや定義というものはありません。例えば古代から一三世紀ごろまでなら、同じ価値観を持っていれば、宗教や言語、人種は問いません。例えば、匈奴の時代から満洲の時代までは、だいたい大きな一括りになっています。同じ価値観、生活様式なら、宗教や言語が違っても、みんな匈奴、みんな蒙古、みんな満洲という民族になるわけです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2679文字/本文:3035文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次