読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1084563
0
ゴルフは「自律神経力」で確実に10打縮まる! 練習はいらない! 読んで実践すれば、突然スコアが縮まる!
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第17章 残り9ホールにつながるインタバルの過ごし方

『ゴルフは「自律神経力」で確実に10打縮まる! 練習はいらない! 読んで実践すれば、突然スコアが縮まる!』
[著]小林弘幸 [著] 横田真一 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

~1日2試合のつもりで後半の9ホールへ~



 前半のハーフを終えた時点で、4つのパターンがあると思います。A、いいスタートが切れて、そのままハーフを終えた場合、B、スタートが良かったけど、後半崩れた場合、C、前半が悪くて、後半良くなった場合、D、前半から9番まで、ずっと悪かった場合。


 で、インタバル中の過ごし方で、一番影響を受けやすいのは、実はAパターンの時なのです。休んだ時に、体が冷えて、血流が悪くなる。それがプレーにモロに影響し、崩れてしまうことになります。


 それを回避するには、中身の濃い休憩時間を送る必要があります。ハーフを回っただけで、すごい汗をかいていることも多いはず。そのままレストランに行くと急激に体が冷え、血流が悪くなります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1503文字/本文:1825文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次