読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1085066
0
羊頭狗肉 のんだくれ時評65選
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
VOL.31 2013.06 福田特番 ゲスト苅部 直(前編)

『羊頭狗肉 のんだくれ時評65選』
[著]坪内祐三 [著] 福田和也 [発行]扶桑社


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

安倍、橋下、慰安婦、在特会――“リベラル知識人”はどう見る?

かるべただし●1965年、東京都生まれ。東京大学法学部教授、専門は日本政治思想史。書著に『光の領国 和辻哲郎』(岩波現代文庫)、『丸山眞男―リベラリストの肖像』(岩波新書)、『秩序の夢―政治思想論集』(筑摩書房)、『物語 岩波書店百年史3「戦後」から離れて』(岩波書店)等。『岩波講座 日本の思想 全8巻』編集委員。福田氏との対談は10年前の『諸君!』以来。




福田 明るいとこで会うのは久しぶりですね。

苅部 いや、初めてじゃないですか?

福田 最初にお会いしたのも銀座のバーでしたからね。10年ちょっと前。

苅部 あの頃はまだ『諸君!』(文藝春秋)があって、そこで対談もさせていただきました。

福田 『諸君!』なんてたいしてお金がかかるわけでもないんだから、残しときゃいいのに。一度潰すと絶対同じ雑誌はできないよ。


 福田ナイト第2弾開催 今回、福田氏がゲストに招いたのは政治学者の苅部直氏。どうにもキナ臭さが漂う昨今の政治状況について、苅部氏はどう見ているのだろうか?

苅部 僕の専門は政治思想史なので、今の政局については、新聞の政治部記者の方々に比べればまったく無知ですから、本当に床屋政談のレベルにすぎませんけど――安倍さんについては、前の内閣のときから、"右翼"をやめればいい首相だと思ってたんですよね。その右翼カラーも今のところ出してないし、うまくいってるんじゃないですか。

福田 彼は一回、政治的に死んでるから、なかなかタフだと思いますよ。

苅部 その反省はあるんでしょうね。あと、官房長官の菅義偉さんがあんなに有能な人だったとは予想してなかった。

福田 菅さんを選んだところで、安倍さんセンスよくなったじゃん、と思いましたよ。

苅部 先日ある人が雑談で、安倍さんの、“右翼”色は実は本気じゃなくて、初めから支持者集めに利用してきただけではないかと。そんな推測も否定はできないんですね。

福田 右であれ左であれ、党派に傾くのはルサンチマンがある人でしょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4621文字/本文:5475文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次