読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1085622
0
女医&整体師が教える40歳からのもっともっと気持ちいいSEX
2
0
24
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『女医&整体師が教える40歳からのもっともっと気持ちいいSEX』
[著]松村圭子 [著] 中辻正 [発行]双葉社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
24
| |
文字サイズ

誰も書かなかった40代セックスの真実
「もし、いまの自分に20代の頃の体力があったら……」

 あなたは女性を前にして、こんなふうに思ったことはありませんか?
「いままで楽にできていた体位ができなくなった」
「セックスの最中にペニスが萎んでしまう」
「相手がもうすぐイキそうなのにバテてしまう」

 こんな経験をしたことがあるという40代の男性は少なくありません。

 そして、その“最悪の事態”は突然やってきます。徐々に衰えていくのではなく、「突然」です。
「こんなはずではなかったのに……」

 このとき、男として大きなショックを受けるはずです。

 40代といえば経済的にも安定し、女性に対する経験値も豊富。どうすれば女性が悦ぶかは、よ~くわかっています。

 だけど、ここ一番のときにカラダがいうことをきかない……。

 もちろん、「俺はいまも若い頃と変わらずビンビンだよ」という人もいますが、これはごくごく少数。そういう方がいらっしゃるとしたら、1万人に1人レベルの恵まれた男性です。しかし、残りの9999人は、少なからず「精力の衰え」に悩んでいるというのが実情なのです。

 では、どうすればいいのか?

 街中を探しても40代の男性向けに、そんなことを教えてくれる書物はどこにも存在しません。若い頃ならいざ知らず、40代にもなって、そんな悩みを打ち明けられる友人も限られてきます。

 また、体力を取り戻そうと運動をしようにも、この働き盛りの年代は、仕事やつき合いが忙しすぎて、まとまった時間が取れません。第一、老体にムチ打って無理な運動をして体を痛めてしまってはセックスどころではありません。そこで、本書の誕生です。

 本書は、ホルモンのプロである医師と筋肉のプロである整体師、2人の専門家のコラボレーションで作られた40歳以上の男女に向けて作られたセックス専門書です。しかも、この年代の男性に無理なく簡単に精力を回復してもらうため、
「一日、わずか数分の“脳と体”のエクササイズで20代の精力を」

 をテーマに脳、心、カラダはもちろんのこと、生活習慣にいたるまで、ありとあらゆる角度で中高年男性のアンチエイジングを指南します。

 本書の出版にあたり、医師と整体師の2人の専門家がどうしても必要だった理由は、若い男性とは異なり、40代の男性は、

 ①脳とホルモンが活性化しなければ、どんなに体力をUPさせても×

 ②どんな運動をするにも、その基本になる筋肉を正常化しなければ×

 という年齢に応じたケアが必要だったためです。

 また、40代ともなると、つき合う女性のほとんどが「年下」ということになると思いますが、20代、30代、40代、すべての年代の女性を相手に同じセックスをしていませんか?

 もし、女性の年齢にかかわらず、誰とでも同じセックスをしているようではホンモノの大人の男性とはいえません。女性はその年齢によって、セックスの嗜好も大きく異なる生き物です。本書では女性の年代別に「心とカラダ」を解き明かし、40代男性が「どう接するべきか」も合わせて考察していきます。

 諦めてはいけません。40歳からがハーレムなのです。


「ダメ元」だからモテる40代のセックス
40代男性がするセックスのイメージは?」

 こんな質問を女性陣にすると、だいたい、
「ねちっこい愛撫」という答えが返ってきます。

 もちろん、女性にとっては、淡白よりはねちっこいほうがよいのでしょうが、この答えの裏には「挿入には期待していない」という思いが隠されています。

 おそらく挿入に自信のない40代男性が「その代わりに」と愛撫に重点をおいた結果、このようなイメージがつき風評被害にいたったのでしょう。

 でも、気を落とすことはありません。むしろ、女性に対してはダメだと思われていたほうが、逆にチャンスだったりするのです。

 人にインパクトを与える方法として、
「AなのにB」。悪い言い方をすれば「AのくせにB」

 という手法を取ることがあります。

 週刊誌やスポーツ新聞などで読み手にインパクトを与えるために、よく使われる方法なのですが、たとえば、
「清純派女優なのに覚醒剤常習者」
「不良なのにお婆さんの手を引いている」

 など、その人間が持つイメージとまったく逆の意外な事実が判明した場合、それはニュースになります。逆に、
「清純派女優がお婆さんの手を引いている」
「不良が覚醒剤常習者」

 となった場合、なんの意外性もなく、誰も関心を持ちません。

 これは、女性に対しても同じことで、当たり前の人が当たり前のことをやっても凄いとは思われませんし、関心も持たれません。

 若い男性がセックスに強いのは当然のこと。でも、これが40代だと「ちょっと強い」だけで驚きに変わり、かなりのインパクトを与えることができるのです。先の女性陣のコメントどおり、「40代はセックスが弱い」と思われています。

 だからこそ、「ちょっとした努力」、「少しの意外性」さえあれば、それは女性の記憶にプラスとして焼きつくわけです。本書とともに「ほんのちょっとだけ」自分のセックスを変えてみませんか?


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
24
残り:-31文字/本文:2050文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次