読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1086522
0
美女たちの日本史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
二人の人生観

『美女たちの日本史』
[著]永井路子 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ところで、二人が美女だったかというと、全くそういう話はありません。清少納言のことは、さっきお話した藤原行成、名官房長官がこういうことを言っています。

「私は、目が縦についていても、鼻が横についていても、声のきれいな人が好きなのです」


 これは、清少納言に対するお世辞なんです。それで清少納言は、すっかりいい気持ちになってしまう。


 彼女、まさか目が縦についてるほどではなかったかもしれないけれども、これは褒め言葉でしょうかねえ。そうとも思えないんですけど。清少納言のほうが行成より年上です。けれども、藤原行成は清少納言のところに来て、親しく話しあう。それはい中宮定子に何かお話したいときには窓口が必要なので、そのために清少納言に近づいているのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2572文字/本文:2894文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次