読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1086959
0
<本能寺の変>全国有力大名たちの動向
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
甲斐・信濃への進軍が成功

『<本能寺の変>全国有力大名たちの動向』
[著]小和田哲男 [発行]学研


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 本能寺の変のとき、たまたま本国を離れ、(さかい)で遊んでいたために、(あけ)()(みつ)(ひで)を討つ機会を失った家康は、一歩も二歩も出遅れてしまった。本来ならば、信長の同盟者であった家康の立場からすれば、信長の()()(こう)(けん)()()して織田家の立て直しに動くべきところだったが、肝心の、織田家の後継者を決める(きよ)()会議から家康は排除されてしまっていたのである。すべてが秀吉の(おも)(わく)にそって動いていた。


 織田家の()(とく)争いに下手に(かい)(にゆう)しないほうが(とく)(さく)であると判断した家康は、自分の力を大きくしておくことが(きゆう)()であると考え、信長の死によって混乱のはじまった()()信濃(しなの)に兵を進めた。


 甲斐では北条(ほうじよう)(うじ)(なお)(わか)()()において対陣したりしたが、講和を結ぶことに成功し、甲斐・信濃を(ちん)()し、自己の領国に組みこむことができた。それまでの()(かわ)遠江(とおとうみ)、それに武田氏滅亡後の恩賞として得た駿河(するが)に、甲斐・信濃の二か国が加わり、ここに、家康は五か国の大々名となったのである。


 信長の同盟者だったという経歴に加え、五か国を支配するという実績によって、中央政界においても家康は無視できないだけの実力を(たくわ)えていたことになる。その意味で、山崎の戦いのあと、すぐに甲斐・信濃の鎮撫に向かった作戦は大成功だったといえる。将来的に秀吉に対抗しうる力を(つちか)ったことになるからである。


 こうした家康の力は、当然のことながら、秀吉に敵対する(のぶ)(たか)(かつ)(いえ)陣営にとっても注目され、早くも、(てん)(しよう)十年十二月には、勝家からの働きかけがなされている。


 残念ながら、このときの勝家の(しよ)(じよう)(のこ)されていないが、家康の家臣(まつ)(だいら)(いえ)(ただ)がこのことを日記に(しる)している。『家忠日記』の天正十年十二月十一日のところには、つぎのように記されている。



 十一日(ひのと)(ひつじ)古府へ(しゆつ)()候。明日()(じん)候へ之由(おおせられ)候。


 越前芝田所より御音信候。進上物しちら三十巻、はわた百は(たら)五本也。


「越前芝田」は、いうまでもなく越前北ノ庄城の柴田勝家のことであり、このとき、勝家が家康に書状とともに、贈り物として縮羅(しじら)三十巻、綿百把、鱈五本を添えて送ってよこしたことがわかる。


 これが勝家からのはじめての音信だったかどうかはわからないが、家康関係の史料に見えるかぎりでは、これ以前のものは見当たらない。勝家としては、秀吉との対決が不可避と考えられる以上、強力なバックとして家康を味方にとりこもうとしていたことがうかがわれる。このとき、家康が勝家に対してどのような返事をしたためたかも残念ながら明らかではない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1282文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次