読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
200
kiji
0
0
1087316
0
確定申告がわかる本
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第1章 確定申告とは

『確定申告がわかる本』
[著]税制研究会 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



●そもそも確定申告とはどういったものか


 私たちが社会生活を送るにあたって、必ずと言っていいほど収める必要があるのが税金です。税金にはさまざまな種類があります。所得税、贈与税、固定資産税などのほか、日常的に無意識のうちにも支払う必要がある消費税のようなものもあります。確定申告はこのなかの所得税に関連するものです。


 1月1日から1231日までの1年間で得られた所得に関して申告をして納税する。それが確定申告です。つまり簡単に言うと「私は昨年これだけ稼ぎましたよ」ということを公的機関に提出し、それを元に納税額など収入によって変動する金額が変わってくるのです。


 春先になるとよく長者番付のようなかたちで、納税ランキングが新聞などで「野球選手の納税額」「タレントの納税額」などが報道されることがあります。ああいった報道も確定申告によって提出された金額を元にして発表されています。


 大抵の人は控除がなにかしら受けられる状況のはずです。つまり「税金を払いすぎているから、いくらか返してもらえる状況」ということです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2357文字/本文:2810文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次