読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1087504
0
<上杉景勝と戦国時代>貫くは武門の意地 軍神の後継者上杉景勝
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●朝鮮出兵

『<上杉景勝と戦国時代>貫くは武門の意地 軍神の後継者上杉景勝』
[著]永岡慶之助 [発行]学研


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


異国の地熊川における越年



 小田原攻め終結二年後の文禄元年(一五九二)三月一日、上杉景勝・直江兼続主従は、兵五〇〇〇とともに春日山城を発進した。朝鮮への渡海という、ほとんど太閤秀吉狂せしかと一瞬疑ったほどの動員令が下ったのだ。


 諸国の軍団がぞくぞくと()()()(佐賀県唐津市鎮西町)を目指して西下した。同時にこれまでは、名もない淋しい漁港に過ぎなかった名護屋が、集結する将兵でみるみる膨れ上った。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1012文字/本文:1216文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次