読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1087841
0
はじめての福島学
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
福島にはなぜ「米どころ」のイメージがない?

『はじめての福島学』
[著]開沼博 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 さて、問1から考えていきましょう。


 まず「2010年が4位」という数字。この数字自体に意外さを感じる人もいるかもしれません。「福島ってそんなに米をつくっていたの?」という驚きです。


 全国都道府県で見たときに、米どころのイメージが有るのは「魚沼産コシヒカリ」で有名な新潟とか、ササニシキなどで有名な宮城、あきたこまちもある秋田。それに東京のスーパーなどでは、茨城・栃木・群馬などの産地の米が置いてあることも多いかもしれませんね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:333文字/本文:547文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次