読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1088102
0
日本人なら知っておきたい 羽生結弦 4・24日本外国特派員協会記者会見全文
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1.はじめに

『日本人なら知っておきたい 羽生結弦 4・24日本外国特派員協会記者会見全文』
[著]国際情勢研究会 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 2014年2月7日から23日までロシアのソチで開催された第22回冬季オリンピック「ソチオリンピック」。日本からも男子シングルフィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手をはじめ、スノーボード男子ハーフパイプ銀メダルの平野歩夢選手、スキージャンプ男子ラージヒル銀メダルの葛西紀明ら総勢113人の選手が参加しました。


 今回の総メダル獲得数は、自国開催だった長野オリンピック(10個)に次ぐ歴代2位の8個を記録しています。


 過去2大会メダルの獲得がなかった雪上競技が8個中7個を占めているのも特徴です。競技別ではノルディック複合が5大会ぶり、スキージャンプが4大会ぶりと長年メダルから遠ざかっていた競技での活躍が目立ち、スノーボード競技では初獲得となっています。


 中でも、フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得した羽生結弦選手は日本人初、さらにアジア地域でも初となる快挙ということもあり、世界中を驚かせました。またその演技の素晴らしさと羽生選手自身の容貌・純真さは「ユズリスト」と呼ばれる多くの女性ファンを生み社会現象にもなり、4月26日に羽生選手の地元仙台で行われた凱旋パレードは9万2000人もの観衆を集めています。


 その羽生結弦選手が4月24日午後、東京の日本外国特派員協会で記者会見を行いました。本書ではその全文を掲載するとともに、羽生選手の金メダルまでの軌跡を振り返ります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:597文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次