読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1088520
0
日本人なら知っておきたい 浅田真央 5・19休養表明記者会見全文
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2.全世界を魅了した浅田真央選手の演技までの経緯、そしてその後の世界フィギュア選手権での優勝

『日本人なら知っておきたい 浅田真央 5・19休養表明記者会見全文』
[著]国際情勢研究会 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


・新種目「団体戦」のプレッシャー


 2014年のソチオリンピックは、2月6日から2月23日(モスクワ時間)に開催され、新種目として「フィギュアスケート団体」、「スキージャンプ女子」、「スキーハーフパイプ」、「スキー・スノーボードスロープスタイル」、「スノーボードパラレル回転」、「バイアスロン男女混合リレー」、「リュージュ団体」が採用されるなど非常に注目度の高いものとなりました。大会テーマは、〝Hot. Cool. Yours(ホットで、クールな、みんなの大会)〟で、数々の名勝負や感動のドラマを生み出しています。


 日本フィギュアスケート男子シングル史上初となる金メダルを獲得した羽生結弦選手は、まだ記憶に新しいでしょう。そして、メダル獲得はならなかったものの最高の演技で世界中の人々を魅了したのが浅田真央選手です。


 新種目であるフィギュア団体戦は2月9日に行われました。結果から言ってしまうと、日本は決勝へ進んだ5カ国中の最下位5位に終わっています。男女シングルで金メダル獲得を狙える選手陣だっただけに非常に残念な結果となってしまいました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2219文字/本文:2690文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次