読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1088544
0
<伊達政宗と戦国時代>時代を見極めた眼力 奥羽の独眼竜伊達政宗
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
野望の余炎

『<伊達政宗と戦国時代>時代を見極めた眼力 奥羽の独眼竜伊達政宗』
[著]永岡慶之助 [発行]学研


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 慶長八年、将軍家康から江戸桜田に屋敷を与えられた政宗は、以後、ほぼ一年前後ずつ仙台と江戸で交互に生活することになるが、この頃を境に政宗は、()(ぜん)、家康のふところ深くへと入っていく。


 二年後の十年(一六〇五)四月、家康は将軍職を三男秀忠に譲り、自身は駿(すん)()城にあって「(おお)()(しよ)」とよばれることとなる。その二代将軍宣下のための上洛に、政宗は秀忠の先駆をつとめており、翌十一年(一六〇六)には、新将軍秀忠を桜田の自邸に招じ、同じ年の暮には、かつて今井宗薫を介して婚約したなり、沙汰止みになっていた、家康の六男(ただ)(てる)に長女五郎八(いろは)姫を嫁がしている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1947文字/本文:2251文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次