読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1088560
0
<直江兼続と戦国時代>本能寺の変に真説? 兼続と光秀の情報戦
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●六月九日 この日付前後、錯綜した情報が入り乱れる

『<直江兼続と戦国時代>本能寺の変に真説? 兼続と光秀の情報戦』
[著]大野信長 [発行]学研


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 上杉方に事前情報は伝えられていなかった──。


 これを裏付けるかのように、上杉方が光秀との事前の接触というアドバンテージを有効に活用した形跡は見られない。それどころか、本能寺の変の情報は予想外に遅く、しかも不確実に伝わっている。


 上杉方が本能寺の変についての情報を、いつ、どのくらいの正確さで把握していたかを示す史料がある。石崎健治氏が『日本歴史』六八五に示した、天正十年六月九日付の上杉景勝書状(『平木屋文書』)がそれである。


 年代に合致した景勝の署名・()(おう)の残るこの書状によれば、景勝はこの時点(六月九日)で、

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1016文字/本文:1280文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次