読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1089132
0
江頭2:50の「映画エィガ批評宣言」
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第11位『パッチギ!』

『江頭2:50の「映画エィガ批評宣言」』
[著]江頭2:50 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

11

 日本人だから感じる、民族差別が巻き起こす笑いと悲しみ
『パッチギ!』
(井筒和幸監督/’04年)


 実は『パッチギ!』の冒頭を観た最初の印象は「全然わからん!」なんだ。’68年を舞台にグループサウンズが出てきて、女のコがキャーキャー言っている。「気持ち悪りぃ。単なるミーハー映画じゃねぇかよ」って思ったもん。

 だけど、グループ同士のケンカ、レオポン、吉本新喜劇、ボーリング、包茎手術。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1003文字/本文:1197文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次