読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1089312
0
SPA!ケータイ文庫 禁断リポートノンケ女の「ちょいL」化に愕然
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『SPA!ケータイ文庫 禁断リポートノンケ女の「ちょいL」化に愕然』
[編]SPA!編集部 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

女性同士の恋愛を描いた海外ドラマ『Lの世界』が引き金? 巷では「女のコといるほうが楽しくなった」と宣言する女が急増中!

「ちょいL」とは?


 レズビアンの恋愛を描いたアメリカのテレビドラマ『Lの世界』が日本でヒットしている(このLとは、“Lesbian=レズビアン”や“Love=愛”などの頭文字である)。そこで、もともとは男性との恋愛経験もあるノンケなのに、ここ最近になって、ある“きっかけ”で目覚め、「今は男といるより女のコといるほうが楽しい」という女性を、今特集では[ちょいL]と定義。彼女たちは、あくまで自分たちがレズビアンだとは思っていないのが特徴である。

女友達でも油断禁物な時代?

「最近、僕の彼女が会う時間をつくってくれなくなった。どうやら、いつも同じ女のコと会っているみたいで。友達なんだろうと安心してるんですが、僕と会っているときですら頻繁にメールしている。誘ってもほとんどセックスしてくれなくなったから、『おまえらレズビアンなんじゃないか』と彼女を問い詰めたら、『違う』と言い張る。でもやっぱり気になるんです」

 とは、食品メーカーに勤務するサラリーマン(29歳)の証言。巷では、海外ドラマ『Lの世界』にハマる女性が多く、ちょっと意識して周囲を見渡せば、深夜のバーで親密そうな女性カップルをよく見かける。そこで早速取材をスタートしたところ、「男よりも女のコといるほうが楽しい」という[ちょいL]が続々と出てきたのだ!

 このままでは、ますます男は女性に相手にされなくなってしまうかも!? [ちょいL]たちの生態と本音に迫る!
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:-59文字/本文:608文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次