読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1089499
0
あらすじとイラストでわかる神道
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
土地の神に工事の安全を祈る 地鎮祭(じちんさい)・上棟式(じょうとうしき)って何?

『あらすじとイラストでわかる神道』
[著]知的発見!探検隊 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


地鎮祭を行なった持統天皇



 神話の時代から科学が発達した現代まで、長らく受け継がれてきた地鎮祭と上棟式。これらは家屋の新築やビルの建設工事に先立ち、その土地の霊を(しず)め、その土地の守護神に工事の安全を祈る儀礼だ。


 地鎮祭は基礎工事を始める前の段階で行なう儀礼、上棟式は建物の骨組みができて棟木を上げる段階で行なう儀礼。地鎮祭の最も古い記録は『日本書紀』にある。7世紀末、持統天皇が藤原京を造営するにあたり、その地を鎮めまつったと記されている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:416文字/本文:639文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次