読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1089881
0
やくざと芸能と 私の愛した日本人
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
信長様を殺すと決めた日

『やくざと芸能と 私の愛した日本人』
[著]なべおさみ [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 人間って、とんでもない事を考える時があるよね。


 それって今考えれば花形さんや二郎さんに封印された私の半端な血気なんだけど、一度、どうしても抑えられなくて行動に走った事がある。

「殺してやる!」


 そう決心した。後にも先にも「殺す」と思ったのは、この時だけだ。


 その日は渡辺プロダクション恒例のビッグイベント「新年会」で、お客様は会社がお世話になっている各会社のトップでした。


 これが夕方から始まって、渡辺晋・美佐夫妻を筆頭に、全社員・全所属タレントが迎える。デビューしたばかりの私も、タキシードに(しるし)(ばん)(てん)を着て参加していた。


 その宴の途中で「てなもんや三度笠」の名ディレクターだった澤田隆治先生から、突然切り出された。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2312文字/本文:2632文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次