読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1089916
0
やくざと芸能と 私の愛した日本人
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
著者紹介

『やくざと芸能と 私の愛した日本人』
[著]なべおさみ [発行]イースト・プレス


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

なべおさみ



1939年東京生まれ。本名は渡辺修三。

1958年明治大学演劇科入学後、すぐに三木鶏郎門下となり、在学中からラジオ台本などを書く。その後、水原弘と共に渡辺プロダクション入りし、水原や勝新太郎の付人を務め、水原退社後はハナ肇の付人となる。1962年に明治大学卒業。1964年、日本テレビ系列「シャボン玉ホリデー」でデビューを果たす。「安田ぁー!」と怒鳴り散らすコントが人気を呼び、一躍スターダムにのし上がった。1968年、山田洋次監督映画「吹けば飛ぶよな男だが」で主演を務め、映画俳優としても地位を確立した。その後、数多くのテレビ、ラジオ、映画、舞台で活躍するも、1974年に渡辺プロダクションを退社し、森繁久彌の付人に。1978年から日本テレビ系列「ルックルックこんにちは」において「ドキュメント女ののど自慢」の司会を務め、番組一の人気コーナーに成長させた。1991年、いわゆる明大裏口入学事件により、芸能活動を自粛。現在は、舞台や講演活動を中心に活動。著書に『七転八倒少年記』『病室のシャボン玉ホリデー』など。お笑い芸人のなべやかんは実子。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:-5文字/本文:470文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次