読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1089967
0
<武田信玄と戦国時代>悲喜こもごも 乱世を生きた武田の女たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
婚約者が敵の総大将──信松院・松姫(信玄六女)

『<武田信玄と戦国時代>悲喜こもごも 乱世を生きた武田の女たち』
[著]安西篤子 [発行]学研


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


政略の具に供され、

独身で通した孤高の姫君


 (えい)(ろく)十年(一五六七)の暮れも押し迫った十二月中旬に、甲府へさかんな行列がくり込んできた。(つり)(だい)に物を()せて次々に運び込むのは、いわずと知れた他家からの(しん)(もつ)である。


 ほかでもない。これこそ武田信玄の六女お松と、織田信長の(ちやく)(なん)()(みよう)(まる)(のちの(のぶ)(ただ))との間に婚約のととのった祝いに、岐阜から送られてきた(ゆい)(のう)の品である。


 まず信長から信玄へは、虎の皮三枚に(ひよう)の皮五枚、(どん)()一〇〇巻、金具の(くら)(あぶみ)一〇口とある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1513文字/本文:1816文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次