読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1090056
0
実録!刑務所のヒミツ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
死体と二年半暮らした男

『実録!刑務所のヒミツ』
[著]安土茂 [発行]二見書房


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


衣装箱に殺した女とナフタリンを入れて……


 私は刑務所で他の囚人と必要以上に口をきかなかった。

 原田と大橋の例もあるし、野瀬のようなチンコロもいる。まわりとうまくやるための最低限の会話があれば充分なのだ。

 ところが、そんな私が話を聞いてみたいと思うほど興味をそそられた懲役がいた。所内で「殺した女を衣装箱に入れて持ち歩いた男」として知られていた風間だ。

 私は会うたびに彼に事件の話をしてくれるよう頼んだ。最初は口が重かった風間も、やがてストレス解消のつもりか、少しずつ話してくれるようになった。

 風間が幸子という女と知り合ったのは、京都のスナックだったという。三回通っただけで口説き落とし、すぐに同棲を始めたらしい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2576文字/本文:2883文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次