読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
100
kiji
0
0
1090505
0
4月からの新電気料金、お得なのはどれ?
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第1章 電力自由化への歩み

『4月からの新電気料金、お得なのはどれ?』
[著]国内情勢研究会 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



1 地域電力会社の誕生



 電気の購入先の自由化をより深く理解するために、まずは電気が家庭に届くまでの道筋を整理しましょう。


 一般的な家庭は電力会社と契約して電気を購入しています。この電力会社は従来、担当地域ごとに個々の契約先に電気を送るための送電線とこれを支える電柱あるいは鉄塔を整備する事業、発電所を建設して、一般家庭などに供給する電気を発電する事業も一手に独占的に引き受けていました。


 こうした体制が続いてきた背景には、次のような経緯があります。


 明治時代に多数乱立していた電力会社は、大正時代に5社に再編されました。その後、太平洋戦争中に電力事業が国家管理となり、発電と送電を国策会社「日本発送電」に集約。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1619文字/本文:1924文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次