読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1090783
0
「未熟な夫」に、もうガマンしない!
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「成熟夫」は、家庭人としての技術磨きをいとわない

『「未熟な夫」に、もうガマンしない!』
[著]山崎雅保 [発行]二見書房


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

男にも「家庭人」の技術が必要


 男性は女性の自立を恐れている。女性が自立すると男性は捨てられてしまうのではないかと恐れている。男性の心理に潜むその種の恐れの根底には、生命の摂理が女性を中心として展開しているという生物学的事実への(おそ)れが横たわっているとみてもよいのでしょう。


 要するに、「男なんか、しょせん女にはかなわないよな」と、男たちは本音では直感している。だから女性の自立志向に危機を感じて、あれやこれやの手を使って邪魔しようとするのでしょう。見限られるのが怖いから。

「外でお金を稼ぐ仕事」と「家庭での働き」のどちらにも大事な価値があるのだと知っている男性は、女性に見限られる恐れを抱きません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1488文字/本文:1790文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次