読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1090785
0
「未熟な夫」に、もうガマンしない!
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「話を聞けない夫」は妻を尊重できない夫 D子さんの場合

『「未熟な夫」に、もうガマンしない!』
[著]山崎雅保 [発行]二見書房


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「やっぱり少しも分かってくれない」


 D子さんは、散々我慢し工夫も重ねたあげく、夫を見限って別居しました。


 D夫さんにとっては寝耳に水、晴天の(へき)(れき)そのものでした。ある日、いつものように会社から帰宅してみたら、妻と子どもの姿がない。二人の荷物もあらかた消えている。裏切られた、傷つけられた、俺の何がいけなかったというんだ。彼は憎しみと怒りの塊になりました。


 D子さんにしてみれば、長く悩み苦しみ、思いを夫に訴えてはつっぱねられ、もうどうにも耐えがたくなってから準備を重ねた末のことでした。ある程度まとまったお金も確保し、アパートも借り、一人娘の転校の手配もし、とうとう別居せざるを得なくなるまでの彼女の側の事情もていねいな置き手紙にしたためました。


 けれど、D子さんの事情がどうであれD夫さんは怒り、混乱するしかありません。


 突然の別居以降、彼はD子さんの実家を通じて、怒りと憎しみのツブテをいくつも投げつけてきました。彼が投げつけてくるツブテに痛みを感じながら、D子さんは深いため息をくり返しました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3681文字/本文:4138文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次