読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1090793
0
「未熟な夫」に、もうガマンしない!
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「別れるほどではないけれど…」と思うあなたへ

『「未熟な夫」に、もうガマンしない!』
[著]山崎雅保 [発行]二見書房


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

子どもを夫ストレスのはけ口にしない

「決定的なミスを犯さない夫なら、今すぐに離婚するほどではない」と思っていたとしても、日々「未熟」の数々をバラまいて過ごしている夫との生活は容易ではありません。少なからぬストレスどころか、どうにもやりくりできないストレスにもなりかねません。


 妻・母親がそんなストレスを背負い込んだままでいるとき、最大の被害者になりかねないのが子どもたち。お母さんとしては、せめて子どもに被害が及ばないように工夫する必要がありそうです。


 はっきりいって、世の妻・母親たちにとって、我が子こそが、ストレスを発散するもっとも便利な相手になりがちなのは否定できません。


 未熟にとどまったままのお母さんは、「そんなことはない。私が子どもにアレコレいうのは、子どものためを思えばこそよ」といいますが、未熟を離脱して自立の歩みを進めているお母さんなら「そうよね。母親は、ついつい我が子にストレスを投げつけてしまうのよね。知らず知らずのうちにストレス発散の対象にしちゃうこともある。気をつけなくちゃ」と考えます。


 親子の心理をシビアな観点からながめるなら、お母さんが我が子をストレス発散の対象としてしまうのは百害あって一利なしです。まして虐待に近いほどの激しいストレス発散の対象となっているとしたら、とり返しのつけにくい()(こん)を残すことにもなります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4751文字/本文:5332文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次