読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1090878
0
空間メディア入門―僕たちは空間を使って何ができるのか
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1-1 空間というメディア

『空間メディア入門―僕たちは空間を使って何ができるのか』
[著]平野暁臣 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 それでは、講義をはじめましょう。長丁場になりますが、どうぞ最後までおつきあいください。


 はじめに簡単に自己紹介をします。ぼくは「現代芸術研究所」という事務所を主宰しています。名前から画家や彫刻家の集団をイメージされるかもしれませんが、そうではなくて、プロデュースとプランニングの専業事務所です。


 こんな名前がついているのは、創設者が「太陽の塔」をつくった岡本太郎で、彼が大阪万博のテーマ館(「太陽の塔」もその一部です)をプロデュースするために設立した事務所だから。ここを拠点に、ぼくは「空間メディアプロデューサー」として活動しています。


 肩書きを見て「なにをする人なんだろう?」と思われたかもしれませんね。「空間メディア」というのはぼくの造語です。一般に流通しているワードではないけれど、文字通り“メディアとしての空間”を意味しています。


 つまりぼくの仕事は「メディアとしての空間をつくる」こと、すなわち「空間でコミュニケートする仕掛けをつくる」ことなんですね。


 ぼくはいままで、万国博覧会、見本市、美術館、展覧会など、いわゆる「展示」の領域を中心に、ライブイベントやコンベンション、ときには葬儀にいたるまで、さまざまなジャンルの仕事をしてきました。


 一見すると節操なく手を広げているように見えるかもしれませんが(笑)、やっていることはぜんぶ同じで、「空間というメディアで効果的なコミュニケーションを実現するお手伝いをすること」なんですね。実際にプロジェクトをハンドリングしていく際の「プロデュースの方法論」もまったく同じです。


 この講義では、日ごろぼくが主戦場としている「空間メディア」について考えていきます。「空間でメッセージを伝えるとはどういうことか」「空間というメディアを使いこなすにはどうすればいいのか」をお話していきますので、リラックスして聞いてください。


 では、はじめましょう。



この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:797文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次