読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1090992
0
プロデュース入門―オリジナリティが壁を破る
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
§2−7 基本情景(ヴィジョン)

『プロデュース入門―オリジナリティが壁を破る』
[著]平野暁臣 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

§2-7 基本情景(ヴィジョン)

Vision



 プロジェクトを構想するとき、ぼくは対極的な二つの領域を行ったり来たりしながら考えていく。コンセプトを支えるアイデアには二種類あると言い換えてもいい。「論理=ロジック」と「情景=シーン」である。コンセプトはこの二つの掛け算として生まれる。


 これまで説明してきたMission, Principle, Strategy, Themeは論理の領域に属する概念だった。もとよりコンセプトとは論理だから、これらがプロジェクトの中核的な役割を果たすことに疑問はないだろう。


 だがプロジェクトのイメージは、ロジックだけではつくれない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2319文字/本文:2602文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次