読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1091091
0
プロデュース100の心得。
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
新しい価値を生みだしたい すべてのひとへ

『プロデュース100の心得。』
[著]平野暁臣 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

プロジェクトを率いて、かつてないものをつくりだす。

それが「プロデュース」とよばれるものの本来の姿です。

プロデュースは、とてつもなくスリリングで面白い。しかし、世の中にまだないものごとを生みだすのは、もちろん一筋縄ではいきません。そこに規則やマニュアルなどはなく、何が起こるかもわからないからです。では、いったい何を手がかりに進めば、漂流や座礁をせずに目的地までたどり着くことができるのでしょう。

●「何を身につけて、どんな態度で臨めばよいのか?」

●「新しい価値を生みだすときに必要な方法とは何なのか?」

この本には、プロデュースの発想と技法にまつわるヒントが凝縮されています。

ここにあるのは、ぼくがこれまで30年近いプロデューサー人生をかけて習得してきたことを100のテーマですくいあげ、コンパクトにまとめたプロデュースの「心得」百選です。それぞれの感性で解釈や発想のイメージを膨らませてほしいとの思いから、星素子さんによる「言葉アート」を、1つひとつ対になるよう配しました。

クリエイティブなものづくりをめざす人、クリエイティブに生きたい人、これからの世の中に新しい価値を発信していきたい人たちの“羅針盤”のような存在になってほしい。それが本書の願いです。


言葉アート[(もと)ことば]

縦・横・斜め…自由に漢字を感じて。星素子が開発した想像する心を応援するコンセプチュアルアート/視覚詩。循環する型を通して見方や意味を限定せず、ひきだす新しい詩のカタチ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:625文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次