読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1091685
0
誤解だらけの韓国史の真実
2
0
1
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
韓国・朝鮮史の始まりは新羅か高句麗か檀君か

『誤解だらけの韓国史の真実』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 韓国・朝鮮国家についていえば、何がルーツで、いつから存在するのか、韓国の国内でもコンセンサスが取れていません。普通に考えれば新羅による「三国統一」から始まるということですが、四〇〇〇年前の(タン)(グン)による建国や、四世紀から七世紀にかけて中国や日本と覇を競った北東アジアの大国である高句麗をルーツとする意識が半島では一般的です。


 日本という国は(じん)()天皇が大和(やまと)(うね)()(やま)の麓で紀元前一六〇年二月一一日に建国したといわれますが、年代の不正確さを横に置いたとしても、小さな地域を支配するクニの誕生にすぎず、大和を統一したのは三世紀のことですし、統一国家になったのは四世紀と見られています。


 ただ、そののち、日本国家が独立と統一を失ったことは一度もありません。南北朝時代といっても、たんなる跡目争いですから、国家が分裂したわけではないのです。そんなわけで、日本国家のルーツは何か、などとあまり考える必要がありません。


 しかし、たいていの国家の場合にはそうはいきませんし、韓国・朝鮮国家や民族のルーツについて論争があるのは特別なことではありません。たとえば中国四〇〇〇年というように、(かん)民族の国家にはたしかに四〇〇〇年ほどの歴史がありますが、分裂や異民族による支配もしばしばで、そういう時代を中国史のなかでどう位置づけるかは非常に難しい作業なのです。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:601文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次