読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1091724
0
誤解だらけの韓国史の真実
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
中国への服従を主張した李成桂の裏切り

『誤解だらけの韓国史の真実』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 こののち高麗の宮廷は元と明の間で揺れ、さらに混乱に乗じて領土拡張を図ろうとする勢力もありました。一三八八年に恭愍王の子の()(ワン)()(ソン)()()(グン)()(トン)使()に任命して遼東遠征を命じました。同時に王は高麗でも使用し始めていた明の年号(こう)()を使わないことにしました。


 李成桂らは遼東に向かったのですが、途中の(ウイ)(フア)()で風雨に襲われ、また(しつ)(ぺい)が広がりました。そこで将軍たちの意見は分かれましたが、李成桂は(かい)(ぐん)(軍を戻すこと)を主張して「()(プル)()(ノン)」を唱えました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1967文字/本文:2268文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次