読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1091778
0
三国志ことわざ辞典
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
五里霧中

『三国志ことわざ辞典』
[編]ことわざ倶楽部 [発行]扶桑社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

五里霧中(ごりむちゅう)


 【意味】
判断がつかず、どうしていいか迷うこと。大変な霧の中で方向を失うこと。


 後漢の中期に張楷(ちょうかい)という人物がおり、道術が好きで五里にわたり、霧を発生させることができた。世に出るのを嫌い、人が訪問してくると霧を発生させてその中に姿を隠した。この五里にわたる大変な霧の中で方向が分からなくなり、迷うことを「五里霧中(ごりむちゅう)」と言うようになった。

 同じ頃に裴優(ひゆう)という術師がいて、三里の霧を発生させては悪事を働き、捕まった。その際に「自分は張楷に習った」と言ったため、張楷も捕らえられてしまったが、無実とわかり釈放された。



用例
今の日本の政局は五里霧中(ごりむちゅう)だよ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:-12文字/本文:300文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次