読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1091798
0
三国志ことわざ辞典
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
白眼視

『三国志ことわざ辞典』
[編]ことわざ倶楽部 [発行]扶桑社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

白眼視(はくがんし)


 【意味】
意地の悪い目で見ること。冷たい目で見られ、冷遇されること。

竹林(ちくりん)七賢(しちけん)」と言われた中でも中心人物だった阮籍(げんせき)は、日常から気ままに振る舞っていたために周囲から批判を浴びることも多かった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:273文字/本文:397文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次