読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1092631
0
【新版】プロが絶対買わない金融商品
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
(8) 銀行の仕組み預金

『【新版】プロが絶対買わない金融商品』
[著]永野良佑 [発行]扶桑社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 仕組債と比較すると、関与する人たちが少なく、儲けもものすごくエゲつないわけではないという意味で、銀行の仕組み預金はまだ害が少ないものです。ただ、基本的にはプロが避けるものであることには変わりありません。

 仕組み預金の問題点は、預金者に不利な場合にだけ満期が長くなったり短くなったりすることです。また、普通の預金と違い、解約をすると元本を割ることがあります。さらに、預金者に不利な場合というのが金利動向だけでないという怖さもあるのです。

●仕組み預金の例

 2013年8月時点で、あるメガバンク系のネット銀行が提示していた仕組み預金の条件は以下のようなものでした。


 満期 6年

 利率 当初3年0・3%で以降3年0・35

 満期繰り上げ 銀行側が3年後に満期を繰り上げる権利がある


 ちなみに、この銀行では、3年の定期預金金利が0・12%、5年の定期預金金利が0・3%でした。
●満期を繰り上げる条件
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3406文字/本文:3801文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次