読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1092795
0
民主党はなぜ、日本を壊したのか
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇軍国主義と戦後左翼の驚くべき類似性

『民主党はなぜ、日本を壊したのか』
[著]辻貴之 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 昭和32年に全貌社から刊行された『進歩的文化人』という本があります。先の戦争の時代にわが国の体制を賛美し、戦後になると左翼・リベラル派に転向した知識人が、40人以上紹介されています。そして、同書で言及された知識人以外にも、少なからぬ者がよく似た経過を辿ったものでした。

 鈴木安蔵という憲法学者をご存じでしょうか。日露戦争が勃発した明治37年に生まれた鈴木は、若い頃左翼運動に走り、その後は、わが国の当時の体制を絶賛し、戦争遂行を鼓舞するまでに至り、戦後になるとまた一転、「憲法研究会」を結成し、「憲法草案要綱」を作成しました。

 この憲法草案要綱は、連合国最高司令官総司令部(GHQ)による新憲法制定に大きな影響を与え、鈴木は「日本国憲法の間接的起草者」といわれているほどです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2332文字/本文:2671文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次