読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1093191
0
アベノミクスを阻む「7つの敵」 消費増税と「トンデモ経済学」を論破する
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
構造改革と新自由主義の違い

『アベノミクスを阻む「7つの敵」 消費増税と「トンデモ経済学」を論破する』
[著]上念司 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 最近、構造改革路線を新自由主義として批判する人が増えてきました。小泉内閣時代の派遣法改正やタクシー自由化などをやり玉に挙げて、人々がより搾取されやすくなって苦しんでいるといった主張がおもなものです。


 構造改革的な政策は、イギリスのサッチャーリズムとか、アメリカのレーガノミクスなどにその源流があると批判者たちは指摘します。これらの政策はインフレ退治を最優先の課題として、国民生活を無視した極端な小さな政府路線に走ったというのが批判のポイントです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1206文字/本文:1430文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次