読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1093918
0
民主党政権は、なぜ愚かなのか
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇社会主義者へと変貌した小沢一郎氏

『民主党政権は、なぜ愚かなのか』
[著]辻貴之 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 小沢氏の最近の言動は、社会主義者のそれと“五十歩百歩”です。外交面では、反米親中路線が顕著で、平成2112月には、600人を超す訪中団を組織して“朝貢外交”を行いました。

 国内的にも、社会党の国会議員として政治活動を始めた輿石東氏や、社民党党首の福島瑞穂氏とはきわめて親しい関係にあります。平成22年5月末から6月初旬にかけて、小沢幹事長が鳩山首相に退陣を迫った背景にも、社民党の政権離脱という出来事がありました。

 自民党時代は、どちらかというと保守系の政治家と見られていた小沢氏ですが、その後はどんどん左翼化したのです。『民主党政権への伏流』(前田和男・ポット出版)によれば、新進党のときすでに、同党の松原脩雄衆院議員は「私の目からみたら、少なくとも安全保障にかんする限り小沢一郎氏は社会民主主義者だ」と同僚議員に語っています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1870文字/本文:2237文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次