読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1093940
0
民主党政権は、なぜ愚かなのか
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇いまこそ、保守主義の復権を!

『民主党政権は、なぜ愚かなのか』
[著]辻貴之 [発行]扶桑社


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アメリカの中間選挙において、共和党が大きく躍進しました。共和党が勝った背景には、「ティーパーティー(茶会)」の存在があり、民主党が負けた背景には、経済政策で有効な手を打てず、国民の不満を募らせたということがありました。オバマ氏は2年まえの大統領選挙で「CHANGE」という主張を高く掲げましたが、結局は、理想に走りすぎて現実を軽視したツケが回ってきたのでした。

 同じことが、わが国の民主党にも言えます。「晴れた日のリベラル、雨の日の保守」という格言がありますが、私たちのこの日本も、閉塞状態が長く続き、出口がなかなか見えてこない状況です。このような時期だからこそ、リベラル志向の民主党政権ではますます手に負えなくなるのです。

 第2章で詳しく述べたように、リベラルという政治思想が前提にする人間観そのものに、大きな疑念を抱かざるをえません。人間は理性的存在であるという人間観がリベラル思想の根底にありますが、それは私たちの願望に過ぎなかったのです。感情的存在であることこそが人間の本質であり、幾多の誤りが避けられないのが人間なのです。人は利己的存在ですし、自分自身をだますことすらします。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4258文字/本文:4752文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次